久喜市地域密着型、外壁・屋根塗装店  「長谷川塗装」です!

 

久喜市桜田の現場からになります。

 

 

今日はシーリングの続きを行いました。

 

養生まで終わったので、プライマーを塗布します。

 

 

シーリング材をボードとしっかり密着させるために、目地部に「プライマー」と呼ばれる下塗り材を塗布します。  プライマーは、接着剤の役割をしてくれます。

 

 

シーリングガンを使用して、上から下へ向かって目地部にシーリング材を注入していきます。

 

 

充填したら、ヘラなどで均一に均します。

 

 

 

完成です!

マスキングテープを剥がす際、シーリングの表面が乾いてくるとくっ付いてきてしまうので、できるだけ早く取ることも綺麗に仕上げるポイントの一つです。

 

 

シーリング材は1日〜2日かけて乾いていきます。

 

 

今回の現場で使用しているシーリング材は、オート化学工業の「オートンイクシード」です。

 

 

「オートンイクシード」は高耐久・高耐候を実現したハイクオリティーなシーリング材です。

寿命は20年超とも言われています!

また、汚染性もないため、美観も損なわれにくい材料となります。

 

 

今日の作業はここまでです。

明日は養生を行います!

 

 

 

 

 

 

久喜市! 地域密着!

創業25年! 親子2代の外壁・屋根塗装店  「長谷川塗装」

戸建て住宅、アパート、マンション、店舗等の外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り修理のことならお任せください!